時代の気分、子供の不在 「シン・ウルトラマン」

「ウルトラマン」はオレにとって大切な作品で、そっとしておいてほしいのである。オレは各ウルトラシリーズをちゃんと観てない、というか全然観てないが、「ウルトラマン」は大切な作品だ。とりわけ「故郷は地球」、「空の贈り物」、「怪獣墓場」が好きだ。…

「英雄の証明」 社会のバグと、愚かで悲しい我々

どうしてこんなことに徳島に密航して、アスガー・ファルハディ監督の新作「英雄の証明」。10年くらい前にファルハディ監督の「別離」を観て、なんだよなんだよイラン映画ってこんな達人が映画作ってんのかよ、と驚かされたものだ。今作は昨年のカンヌ映画祭…

「牛久」 我々は税金を払っている。彼らが殺されているのに

この1年ほど待ちに待っていたドキュメンタリー映画「牛久」をようやく観た。当初は「牛久 比類なき不正義」というタイトルだったが、サブタイトルは削ったようだ。以下、Cinemascapeに書いた感想。 良心的納税拒否をしたくなる (★5)

「白い牛のバラッド」 It's hard out here for a widow.

イランでは上映禁止。ホラー映画の「各国で上映禁止!」じゃなくて、マジのやつ。イラン映画の「白い牛のバラッド」。極東の島国の田舎にいながら、行ったこともないイランの問題を我が事のように感じられる。こういうのが映画のいいところだよなあ。淀川さ…

映画「香川1区」 未来は先の見えないハイウェイ

香川県観光協会はご当地映画「なぜ君は」と「香川1区」のロケ地マップを作成すべし 長いけど、前作の感想を貼っておく。今作の感想はもっと長いのだが。pencroft.hatenablog.comまたしても自分語りになるのを平にご容赦いただきたい。前作は「わたくしが高松…

淡くて薄くて不鮮明 「サマーゴースト」

薄味すぎて醤油をかけたくなる知った瞬間からこれ絶対ヤバい物件ですよ欠陥住宅ですよとウヒウヒ騒いでいたアニメ「サマーゴースト」。我ながら性格悪いとは思いつつ、ufotableCINEMAで観てきました。ストーリーは各自調べてください。尺は40分で、鑑賞料金…

「アイの歌声を聴かせて」 掃除ロボでいっぱいの未来

「わたしは真悟」がベースだとか…「アイの歌声を聴かせて」は予告編を観ても面白そうに思えず、絵柄もあんまり好みじゃなく、観るつもりのなかったアニメーション映画だ。しかし公開されるとやたら評判がよく、オレが信を置くweb上の映画好きの方々も褒めて…

切実の外の世間 「由宇子の天秤」

松山に密航して「由宇子の天秤」。ハッキリ言っていい映画なので、皆さん観るとよいと思います。 追いこみかたが怖い由宇子さん 冒頭のプレビュー場面で心当たりがありすぎてゲロ吐きそうになった。力作です。 (★4)

異界の超人たち 「くじらびと」

四国高松から、遠い遠い神戸に映画を観に行ってきましたよ。神戸といえば、むかし神戸らんぷ亭って牛丼屋ありましたね。あれ知ってますか、関東圏のみのチェーンで神戸関係なかったんですよ。驚いたねどうも。映画はドキュメンタリーで、「くじらびと」。映…

「サイダーのように言葉が湧き上がる」で不可解が積もる

毎日死ぬほど暑いですね。皆さんオリンピック見てますか! ぼくは見てません。アニメ観てきました。以下、ネタバレ あるけどそういう問題ではない気がします。観てない人にはなんのこっちゃ判らんでしょう。 イマイチ感情移入できないガールとボーイ 節々で…

Uはお前なんだよ 「竜とそばかすの姫」

細田守監督の新作「竜とそばかすの姫」。「時かけ」以外の細田作品を毎度毎度けなしているわたくしが劇場で観てきました。けなしながらも観てしまう、イヤミではなくこれは細田監督の力だと思う。本当に嫌いなら観なくなるもんな、神山健治監督作品みたいに…

南の島でCQB 「Coo 遠い海から来たクー」

CS放送で1993年のアニメーション映画「Coo 遠い海から来たクー」をはじめて観た。なぜか円盤化されてない作品。景山民夫の原作は未読。「格闘技元年」「黒船の年」である1993年は、今作以外にもスピルバーグの「ジュラシック・パーク」、角川春樹の「REX 恐…

宇宙世紀の悶々 「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

悶々とするハサウェイ機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 【Blu-ray通常版】バンダイナムコアーツAmazon ロボットアニメに平気で今村昌平を持ち込む男・富野由悠季原作の、たぶん忠実な映像化(原作未読)。宇宙世紀の童貞あるある。 (★4)

思春期を搾取する 「14歳の栞」

実在の中学生が映る画面カットはとても使えないので、プロデューサーさん(左)と監督さん(右)ネタバレあります。 高田純次かよ (★2)

「JUNK HEAD」を観た

パンフレットを買いましょう一昨日ufotableCINEMAで観た「JUNK HEAD」の感想です。申し訳ないが、ネタバレあるので映画を観てない人は読まないでください。読まなくていいので、この映画を観に行ってください。まだやってるところも多いでしょう。 イカの塩…

久々に観た「トゥルーライズ」はやはりキャメロンの映画だった

トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社Amazon久々に「トゥルーライズ」をDVDで。なんと国内ではブルーレイが出てないんだな。後進国かよ恥ずかしい。公開時に渋谷の劇場で観て、以後も何度か観ている。ジェームズ・…

「フランケンシュタイン対地底怪獣」をナメた記述にベリーベリーオコッタ

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) Blu-ray発売日: 2017/11/03メディア: Blu-rayわたくしは「フランケンシュタイン対地底怪獣」という映画を人からはちょっとどうかと思われるほど好きで好きで、過去にこのブログでも感想を書いたものだ。皆さんも観…

しつこいですがまたまた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」

黒波はビンタしないやさしい子「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開されておよそ3週間が経った。映画は大ヒットしており実にめでたい。Twitter、感想ブログ、Cinemascapeなど、我ながら狭い観測範囲ではあるものの世間の反応を見るに概ね好評、絶賛も少な…

『八甲田山』で死にゆく我々日本人

日本映画専門チャンネルで「八甲田山」。確か20年くらい前に、VHSで観たのが初見と思う。画質は悪く、顔の判別も難しかった。今回のは4Kデジタルリマスター版なので、凄まじくクレイジーな極寒のロケ撮影を堪能した。加山雄三とかいい役で出てたんだな、以前…

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」にモヤモヤ

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」、観てきました。エバー終わるんですって。イヤですね。めんどくさいですね。憂鬱ですね。観たくないですね。しかしまあしょうがないので観てきました。 DVヒモ野郎が更生したからって褒めちぎるのかという問題 (★3)

プロレス必修科目としての新間寿とジャパンライフ

1980年代前半、空前絶後の人気を誇った頃の新日本プロレスを知る者にとって、いま現在、新間寿という名前はどう響くのだろうか。

「ニッポン国VS泉南石綿村」が気の毒で気の毒で

最近やたらドキュメンタリーばかり観てますが、原一男監督の「ニッポン国VS泉南石綿村」をDVDで。尺は215分(3時間35分)。ニッポン国VS泉南石綿村 [DVD]発売日: 2019/02/02メディア: DVD「大阪・泉南アスベスト国家賠償請求訴訟」を主軸に、原告の皆さんを8…

ドキュメンタリー映画 「はりぼて」

地方政治に巣食う屑の皆さん地元のミニシアターで、富山市議会の腐敗をチューリップテレビの報道チームが暴くドキュメンタリー映画「はりぼて」を観た。はぁーりぼぉてぇ はりぼぉーてぇ(森本レオの声で)。判るな? 「王立宇宙軍」より 全員クソ野郎 (★4)

映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」を、なぜオレは気に入ったのか

なぜ君は総理大臣になれないのか [DVD]小川淳也Amazon 大島新監督。大島渚のチンコからやってきた おおテリブル。テリブル香川! こ… これが… これが香川か…… これが香川…… (車田正美「リングにかけろ」より抜粋改変) (★4) 車田正美 「リングにかけろ」 …

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 Blu-ray(通常版)(特典なし)石川由依Amazon劇場で「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。ちなみに前日に「TENET」も観たんですけどね、なんだか忙しい映画で好きじゃなかったな。ヴァイオレットちゃんも…

現実に挑む理想 「パブリック 図書館の奇跡」

「パブリック 図書館の奇跡」[Blu-ray]エミリオ・エステベスAmazon映画の日だったので高松の小屋で「パブリック 図書館の奇跡」。ちなみに高松での公開日は、東京のそれから2ヶ月ちょい遅れ。ハイきた時間差! 感想は少しだけネタバレあるよ。 The Public 「…

東京のあなたがとっくに観て忘れた映画を田舎のオレは今も待っている

きのうは安倍首相が辞意表明ということで世間は大騒ぎ。しかし安倍首相が辞めたところで政府与党は山盛りのクソであって、この国の何かが好転する気も全然しないし、この国に積み上がった問題がいくらか解決するとも全然思えない。首相個人に対しては、まー…

ベルばらに思う

アニメ「ベルサイユのばら」全40話をCSで録画して、先日から少しずつ観ている。かなり昔だが原作は読んでおり、メチャクチャ面白いことは知っている。アニメは断片的に観たことがあった。通して観るのははじめてだ。ざっくり言って前半13話までが長浜忠夫監…

「ルース・エドガー」 息ができない

近所のシネコンで「ルース・エドガー」。アメリカで去年の8月公開された映画が、ようやく日本にやってきた。これはまさに今こそ観るべき映画でしたよ。土曜夕方の回なのに、観客はオレともうひとりしかいなかった。ヤレヤレ高松だぜ。ルース・エドガー [Blu-…

「馬」 奇跡が、フィルムに映っている

「馬」より、高峰秀子。美しい馬 (映画) - Wikipedia 奇跡が、フィルムに映っている (★5)